自分の芝生を青くする

大学生によるブログです。とりあえず旅行記みたいなことを。あとは日常のことと思ったことを気ままに。

スキマの15周年ライブに行った話。(まさかの撮影OK?!)

初めてのスキマスイッチのライブがまさかの15周年という記念のライブ!

僕が子供の頃から本当に好きなアーティストです。

 

お金の関係で、2日目だけ参戦。

 

グッズ販売が10時からで、9時45分くらいに会場に着いたんだけど、すでに異常なほどの列。

「嘘だろ?!これグッズ買えるんか?」

て感じ、マジで。

無事に買えましたけど。

 

で、思ったのが、ファンの年齢層が僕より一回り上かな?ってこと。

よく考えたらスキマが人気出たのって2005年あたりなんだっけ。

(ちなみに僕の出会いは『のび太の恐竜2006』のボクノートでしたね。

一瞬で声に惚れましたね。)

それが十数年前ってことは、確かに一回り上になるのか。

 

 

開演を待ってる間、興奮しちゃって、心臓ばくばくで、全然落ち着けません。

 

実は今回のライブは、スキマが今回は祭りだからって、土産として持ち帰ってって言って、最初から最後まで撮影OKという素晴らしいサービス。

みなさん節度のある撮影だったし、ネット上で拡散されてスキマにもっと興味持ってくれる人増えそうだし、良い試みだったんじゃないかと。

 

セトリはこんな感じ。

 

全力少年

view

SL9

蝶々ノコナ

パラボラヴァ

ボクノート

未来花

飲みに来ないか

僕と傘と日曜日

life x life x life 

Revival

螺旋

トラベラーズ・ハイ

ゲノム

ユリーカ

Ah Yeah!!

 

〜以下アンコール〜

Hello Especially

ガラナ

リアライズ

 

はい、見ていただければわかっていただけると思いますが、素晴らしいです。

1日目のセトリから順番をほぼ真逆にしたような感じになってます。

 

オープニングはムービーから始まったのですが、おそらく今までのPVに出て来たものが色々出て来て、まずそれに感動です。

 

それで一曲目、全力少年

なぜか、急に、目から汗が…

 

本当に急に。あんな元気の良い曲でw

ずっと好きで、ずっと聞いてますからね。

 

MCは、二人が会場一周したり、面白い話聞けたり、めちゃくちゃ楽しかった。

 

曲はもちろん全てめっちゃいいですし。

自分的にはトラベラーズ・ハイの盛り上がりは半端なかったですね。

 

後半のおしゃべりで、

たくやさんが、

「曲を書いていくうちにツボに入っている水みたいな『才能』がどんどん減って行って書けなくなっちゃうんじゃないか」

って不安を語った時、

しんたさんが不意に、

「俺が入れてやるよ」

って水を注ぐジェスチャーしながら言ってて、もーね、涙ですよ。

その時の会場の盛り上がりもすごかったです。

 

Ah Yeah!! まで歌い終わったら、実はライブが生放送されていたんですが、それも終わり、アンコールでまた二人が出て来たら、たくやさんが、

自由だあああああ!

生放送終わったから言いたいこと言える!

ってw

 

記念のライブだからって hello especially 歌ったんですけど、10周年記念のこの曲の歌詞には

『3650日分の〜』

っていうところがあって、だけど今回は15周年だからって、

『5600とんで4日分の〜』

って歌ってて、ここも涙ポイント

 

そのあとは、トークしてたら急にガラナ歌い出して、ガラナ聴きたいなーって思ってた僕はここでもまたまた涙ポイントw

 

ていう感じで、本当に最高のライブでしたよっていう話!

 

 

なんだこの完全にファン向けの内容w

人間関係をどうやって修復するか

 

最近、こいつとうまくいかんなーっていう友達がいたんですよ。

 

なんか言動がいちいち気に障ってしまう、みたいな。

 

感情って表に出てしまうので、相手もそれを感じ取ってはいたでしょう。

 

こうやって、だんだん疎遠になって行くのかなー、って思い始めた時に、どこかで「好意を前面に出して接しろ」、って言うのを目にしたんです。

 

そうじゃん、感情って表に出るんだから、こっちから好意を持って、相手の言動をできるだけポジティブに受け取ればいいんだ。

 

確かに、逆の立場になった時に、好意がわかりやすく出まくってる人を嫌いになることはないですよね。

よっぽどのことがない限り。

生理的に無理とかではない限り。

 

そもそも最初は仲良くやってたんで生理的に無理なんてことはないですからね。

 

それからそれを実行に移して見ると、自然とストレスとか感じなくなったんです。

 

人懐っこい人が好かれるのはこういうことか!

 

 

これは修復するときだけじゃなくて、初対面の人と接する時にも同様ですよね。

 

ほとんどの人は、初対面の人に対して警戒心を抱いているのではないでしょうか。

 

色々なところで言われますよね、第一印象は重要だって。

 

例えば、初対面の人が二人いる時に、一人は気難しそうな人、もう一人は初めから好意を持って接してきてくれる人がいたとしたら、どちらと仲良くしたいと思いますか?

どちらとも仲良くしたくても、とりあえず最初は好意を持ってくれている人の方でしょう。

そういうことです。

 

無口でクールにしている男がモテるのは、中二男子の妄想の中だけです。

 

 

もちろん、こいつとは一緒にいてもいいことないかもなって思うのであれば、それはそれで良いでしょう。

人間は自分の周りの人間の影響をもろに受け、周りの人間によって形作られますからね。

初めてアイヌ文化を詳しく聞かせてもらった話

アイヌ文化を守る、大学生の関根摩耶さんという方のお話を聞かせていただく機会がありました。

 

彼女は、北海道のバスの放送でアイヌ語の挨拶を流したり、ラジオでアイヌ語講座をしたりなど、アイヌ文化を広めている方です。

 

初めてアイヌの方を見るということで(自分はアイヌであると言わないだけで、もしかしたら今まで会ってるかも)、どんな感じなのかなと思っていたけど、外見は日本人と全く変わらないし、言われないとアイヌだとはわからないです。

 

ちなみに、ある調査で関東には5000人ものアイヌが居るとか。

出自を明かしたくない人や、親から知らされていない人が居ることを考えると、その倍くらいは居るのではないかということでした。

そんなに多いの?!って驚きません?

 

アイヌ独特の考え方や、食べ物、歌などについて話していただきました。

 

少し印象的だったことを書くと、アイヌ文化では、すべてのものが神であるらしく、例えば、机にぶつかって痛がっても、机も痛いのだから撫でてあげる、ていうくらいすべてのものを敬うらしいです。

だから、自分のことだけではなく、常に他人を気にかけていたりするらしい。

 

あと、文字がないんですって。驚きですよね。

昔からの知恵やお話はすべて口承だということ。

文字がないってことは、言い伝えとかはすぐ途絶えてしまうのではないかと思いますよね。僕もそう思っていましたが、彼女は、勉強を進めていくうちに文字がない方が強いんじゃないかって思うようになったらしいです。

というのは、口で伝えるということは、その瞬間に真剣に聞いていないといけなくて、ちゃんと理解しようとする。

それに、信頼できる人にしか話をしないということが多くあるらしく、信頼される人間にならないと知恵を蓄えることができない、つまりみんな誠実に生きようとするようです。

 

いつも文字を使っている人からするとめちゃくちゃ新鮮ですよね。

 

 

彼女はアイヌに誇りを持っていて、広めようとしていて、そのために様々なことをしている。

実は彼女の方が年下なのですが、自分よりよっぽどしっかりしていて、本当に尊敬しましたし、アイヌについてももっと知りたいと思わされました。

 

やはり異文化を知るって面白いですね! 

 

 

「海賊と呼ばれた男」主人公の精神は全ての人が学ぶべき

「海賊と呼ばれた男」おそらく、この題名くらいは聞いたことある人が多いかと思います。

 

百田尚樹さんによる、本屋大賞受賞作です。

 

僕は、実は本屋大賞って一番一般の読者目線で選ばれてるんじゃないかって思っていて、受賞作で外れることはあんまりないんじゃないかと思われます。

 

この本がそのうちの一つです。

 

 

題名から考えると、海の男の話なのかなって思ってましたが、経営者の話でしたね。

海の男と言ってもまあ間違いではないですが。

なぜ海賊と呼ばれたかって、読んだらわかりますよ。

 

内容は、簡単にいうと、国岡鐡造が経営する国岡商店という石油会社を戦後立ち直らせると同時に、日本を復興させると言った感じの本です。

 

その経営者がものすごい人で、敵を作っても自分が正しいと思ったことは貫くし、社員を家族と言って、めちゃくちゃ信頼して出勤簿もつけないし、絶体絶命の会社をなんとか復活させるんです。

 

こんな経営者の下で働いてみたい、なんて思ってしまいます。

 

そんな会社の立ち上げにはさらにすごい人が関わっていて、日田という人が、自分のものを売り払って、鐡造に大金を貸す、のではなくあげてしまうのです。

親族から批判されながらも、鐡造となら乞食をしてもいいと言い切って支援します。

 

なぜここまで鐡造を信頼していたのか。

鐡造の周りには他にもユキという一人目の奥さんだったり、東雲や武知といった優秀な社員だったり、素晴らしい人がたくさんいます。

やはり類は友を呼ぶんだなと思いますね。

 

この本の何がすごいって、こんなすごい経営者と奇跡みたいな話が実話を元にした話っていうところです。

国岡鐡造は出光佐三という経営者を指しているらしいです。

すごい人がいるもんですね。

彼の人間尊重の精神はものすごいです。

 

 

途中で「永遠の0」のあの人がちょこっと登場して、興奮しちゃいました。

 

 

百田さんって何かと色々言われますが、本はさすがですよ。

ぜひ読んで見てください。

 

 


 


 

 

映画化もされているので読むのが面倒って人はこちらでも。

 

 


 

脱iPhone!

日本のスマホシェアはiPhoneが圧倒的一位っていうのは周りを見れば明らかでしょう。

実際、国内ではアップルは約5割のシェアを誇っています。

 

なぜそこまでiPhoneが選ばれるのか?

 

スマホが一気に広まった時になぜiPhoneを手にする人が多かったかはよくわかりませんが、現在では、みんながiPhoneだからiPhoneにする、という人は多いのではないでしょうか?

 

日本人は周りに合わせるっていう、性格的特徴があるなんて言われてますしね。

まあ、実際「スマホiPhone」っていう考えがある日本では、何かの設定をしたりする時に調べたらすぐ出てくるとかっていう良い部分はありますよね。

 

しかし!

iPhoneX以降、価格は10万超えちゃってるんですよね。

 

大手3キャリアで契約して買う分にはかなり安く変えちゃいますけど、だんだんSIMフリーで使うっていう人も増えて来てますしね。

 

格安SIMは圧倒的に安いですよやはり。

 

ちなみに僕は通信料は月2000円切ってます!

 

 

それで、考えて見てください。

スマホに求める機能ってなんですか?

 

僕の場合は、電話、ネット、SNS、カメラ、ここら辺が快適に使えれば最低限の条件はクリアしてます。

ヘビーユーザーでなければ、一般的にはこんな感じではないでしょうか?

 

それならば、わざわざ10万以上出してiPhoneを買う意味はあるのか?

 

そう思って、今はHuaweiのP20 liteていうやつを検討中です。

ファーウェイって読むらしいです。フアウェイとかだと思ってましたw

 

実は、国内のSIMフリー端末に関してはファーウェイがトップシェアを誇っています。

何がいいかって、めちゃくちゃコスパいいんです!

 

詳しくは書かないので、気になった方は調べて見てください。

 

つまり、周りがそうだから自分もそうしよーっていうのをやめてみようかなっていう話でした。

 

ヘアセットにマジでオススメなジェル!

ヘアセットをする時、ワックスが全然うまくつかないっていう方いませんか?

 

実は、僕がその一人なんです。

僕の髪質は超直毛で、ワックスつけても、外を歩けばすぐに元通りになってしまうんです。

 

しかし、ある時思ったんです。

 

ジェルを使ってみたらどうなるんだろう?

 

そう思いはしていたものの、ジェルの髪が濡れたような艶ができるのがいやだなと思っていました。

なんか、キメキメな感じが。

わかってくれる人いるかな?

 

それで敬遠してはいたけど、さすがにワックスがつかないことにイライラしちゃって、色々調べてポチりました。

それが、「ロレッタのハードゼリー」!

 


 

 

どこをみても評価が高かったので、これなら間違いはないかと思って。

 

で、実際に使ってみたら、めっちゃ楽!

 

髪の毛を完全に乾かすんじゃなくて、ちょっと濡れた状態で、あとはワックスをつける時と同じ感じでやれば、好きなようにできます。

 

前髪だって簡単にあがるし、マジでキープ力がすごい!

 

朝にセットした髪型が、オールした次の日の朝でも崩れずそのままなんです!

 

これで好きなようにセットできた日は、自分に自信がもてますよ!本当に!

 

て感じで、めちゃくちゃ愛用しています。

 

しかも、これのいいところはそれだけではなく、値段がかなり魅力的! 

 

300g入っていてこの値段って、めちゃくちゃコスパいいですよね。

他のものを見てみると、100gも入っていないのに1000円するものとか、ざらにありますからね。

 

300gがどのくらいかというと、僕は学校がある日は大体使っていますが、1年たってもまだ終わってません。

コスパの良さがわかるかと思います。

 

 

ジェル使ってみようかな、って思ってるけど、どれがいいんだろうって悩んでいる方がいたら、とりあえずこれを買っておけば失敗はしないです!

普段はワックスだけど、たまには気分変えたいっていう方にも!デートの時はジェルでセットとか!

 

直毛すぎてワックスが全然つかないっていう方にはマジでオススメです!

人生変わります!

 

もちろん、女性の方も使えますよー。

割引のために長蛇の列に並ぶ価値はあるのか?

最近急に気温下がって、日が落ちると寒いくらいですねー。

周りにも風邪をひいている人が多くて辛そうです。

 

うがい!手洗い!

 

保育園で習ったことを徹底しましょう!

 

 

 

最近、近所に新しいラーメン屋ができたんですよ。

聞くところによると、そこそこ有名なお店らしくて、美味しいらしい。

 

気になって店を見てみたら、何と開店記念で何と通常800円前後のものが500円で食べることができるという安さ!お得感極まれり!

 

食べるしかないでしょ!

 

とは思ったんですが、こまったことに長蛇の列ができてるわけですよ。

1時間くらい待つなんて噂を耳にするほどの混み具合。

 

ここで思ったわけです。

1時間に300円の価値があるのか、と。

 

単純に時給計算すると、1時間300円の仕事なんてするわけがない。

 

ただ、貧乏人には、お金を作ることも重要だけど、お金を使わないということも同様に重要。

 

単純な時給計算ではその価値は測れない。

そう思ったわけです。

 

この機を逃して800円で食べるなら、今500円で食べる価値は大いにある!

そういう結論に至ったのです。

 

しかしながら、こんなことを考えながら気がついたら帰路についていました。

 

その1時間で300円以上の価値があることをしてやろう!

 

そう決断して帰宅。

 

帰宅後、結局僕の1時間は300円に変わるどころかYouTubeに吸い取られていました。

 

何という不甲斐なさ。