自分の芝生を青くする

大学生によるブログです。とりあえず旅行記みたいなことを。あとは日常のことと思ったことを気ままに。

バックパッカ経験者のサブバッグ選び方

リュックサックの選び方を知りたい方はこちら。

 

youmi.hatenablog.com

 

リュックサックの時にも断ってますが、世界一周とか、寒いところ行ったりとか、そういうことは基本してないんで、それを加味して参考にしてください。

 

 

目次

 

防犯性

貴重品は基本的にサブバッグに入れます。つまり、防犯性が結構重要になります。

それを考えると、前掛けできるバッグがベストでしょう。

 

となるとボディバッグかショルダーですね。

 

もちろんバックパックを前で担ぐということもできます。

しかし、個人的には好みません。

・楽じゃない。

・あんまりかっこよくない。

っていう理由から。

 

此の期に及んでかっこよさなんてどうでもいい!

とか、

荷物がいっぱい!

なんて場合は例外ですね。

 

 

容量

どのくらいの大きさのものが良いのか、何をサブバッグに入れるかということから考えましょう。

 

・貴重品(パスポート、財布)

・メモ帳

・モバイルバッテリー

・カメラ

・飲み物(手持ち可)

 

基本的にこんな感じかな。

あとはティッシュとかビニール袋とか。

 

ちなみに参考程度に、カメラというのは比較的コンパクトなミラーレスです。

 

youmi.hatenablog.com

 

このくらいの持ち物の場合、8Lあれば十分だと思います。

カメラを持っていないときは5Lのもので事足りてました。

 

 

今のところの最適解

僕が今使ってるのはグレゴリーのテールメイトS。

 


 

 

結構有名なやつですよね。

見た目以上に入ります。

が一つ難点をいうと、ジップが開けづらい。

これも意外と防犯に役立ったり、、、しないか。

 

他にも同じくグレゴリーのサッチェルとか、ミステリーランチのボディバッグとか、ケルティーのショルダーとか良さそうなものあります。 

 

 

まとめ

今回はサブバッグについて考えてみました。

サブバッグは基本的に常に身につけてるのでバックパックより快適性が重要になりますね。

 

あと、サブバッグは飛行機に乗るときのチェックイン時に重さを計られることがないので、大きめのものでバックパックの荷物を移しておくと重量制限に引っかかりにくいかも。

バックパッカー経験者のリュックサック選び方

まずはじめに断っておきますが、バックパッカー経験者といっても、僕は長くても1ヶ月くらいしか旅行したことがなく、寒いところや天気が悪いところに長期間いったことはありません。

 

つまり僕みたいな旅行がしたい方には参考になるかもしれません。

しかし、世界一周したいみたいなレベルの話になると参考になりません。

 

ちなみにどんな旅行をしているのか気になる方は過去記事見てみてください。

 

youmi.hatenablog.com 

 

youmi.hatenablog.com

 

 

youmi.hatenablog.com

 

 

youmi.hatenablog.com

 

 

リュックサックを選ぶときのポイントとして容量、機能、デザインという3つに分けて書いていきます。

 

目次

 

 

容量

一般的にバックパッカーに必要なリュックの容量として40Lあたりがよく言われてると思います。

 

ただ、僕が思うにそんなに必要ありません。

(少なくとも僕の今までの旅行では必要なかった。)

 

30L前後で十分です!

 

実際に僕は27Lのリュックを使っています。

 

 

バックパッカーは基本的にはLCCを使う人が大半だと思います。

となると、機内に持ち込めるのはだいたい7kg。

少ないところでは5kgまでというところもあります。

 

そこまで少ないと、30Lに入りきらないものを持っていくと普通に重量オーバーします。

制限が5kgなんてときはチェックインする時に服に重いものを隠し持ったりしてもギリギリです。

 

 

ただ、寒冷地にいくとか、リュック自体が軽いものだったりとか、機内持込しないとかって場合は例外です。

 

 

機能

正直機能なんて大層なもの求めてないです。

極論、ものが入って持ち運べればいいわけです。

 

それでもやっぱりこれは欲しいっていうのはドリンクホルダーです。

ペットボトルを楽に出し入れできるのは結構便利なもの。

 

 

あとは別になくてもいいけどあればあったで便利っていうレベルの機能。

 

まず、メインの収納部分が大きく開くこと。

メインの収納部分って多分衣服を入れることになると思います。

そこがガパッて大きく開くと便利。

 

 

チェスト、ウエストストラップ。

よく歩く人ならこれはあった方が良いかも。

多分歩きやすくなっているんでしょう。

 

 

収納部分が分かれている。

つまりなかにポッケが何個かあったりってこと。

意外と細々したものも持ってくことになるのであれば便利。

 

 

ダブルジップ。

これは南京錠をかけれるっていうメリット。

宿に置いておく時とか寝る時とか。

でも貴重品って基本的にメインバッグじゃなくてサブバッグに入れてるから別になくても良い。

 

 

デザイン

これは完全に好み。

飽きないデザインが良いよね。

 

強いていうなら他の人のものと間違えにくいようなものがいいかも。

 

 

実際によく見るリュックサック

圧倒的にQuechua(ケシュア)

ヨーロッパ人にめちゃくちゃ多い。

ロゴのせいでグレゴリーと勘違いしがち。

 

調べてみるとわかると思いますが、めちゃくちゃ安い。

桁違いで安い。

 

お試しでバックパッカーやってみようかなって人には最適だと思います。

 

 

ついでOspreyオスプレー

そしてKarrimor(カリマー)

ここら辺多いけどなぜだろう。

単に知名度が高いんでしょうか。

 

今あげた3ブランドで7割くらい占めるんじゃないでしょうか。

 

 

これ以外にも、みんな大好きノースフェイスとか、コロンビアとか、グレゴリーとか色々あります。

 

コスパ重視したいならケシュアの他にもモンベルっていう選択肢もあります。

国産ブランドだけあって安いです。

 

個人的にはミレーが気になってたりします。

 

 

まとめ

なんでもそうですがやっぱり自分がときめいたものを買うのが一番です。

僕はセールで安くなっていたものを買って、今になって他にもっといいのあったななんて思っちゃいます。

 

あくまで男の荷物が少なめの男の意見なのでそれを知った上で参考にしてください。

実際に寒いところも行ってみたいのでもうちょい大きいカバンを買おうか検討中です。

ニュージーランド男一人旅! まとめ(ルートや一週間の費用、9月の服装)

f:id:Youmi:20191019142400j:plain

目次

  

日程

今回の旅行は7泊10日でした。

飛行機で行くと片道20時間とかかかるからね、、。

 

もともとニュージーランド一周したいと思っていたんですけど、一週間しかないとなると流石に厳しくて南島だけにしました。

 

ルートは、

クライストチャーチ→テカポ湖→クイーンズタウンミルフォードサウンド含む)ダニーデン→オマルー→クライストチャーチ

 

クイーンズタウンだけミルフォードサウンドへ行くために2泊。

 

今思うと、一週間じゃ南島さえも満足に回りきれないけど。

 

 

f:id:Youmi:20191019142402j:plain

費用 

やっぱり先進国となると物価も高くて、行く前にどのくらいかかるかめっちゃ調べてみました。

 

そうすると、一週間の費用は最低でも20万円というのが相場っぽい。

 

で、実際いくらかかったかというと、

 

 

15万円!

 

予定より5万抑えられて満足。

 

内訳は

まず航空券が往復で10万弱

その他滞在費がだいたい5万。

  • 宿は全部ドミトリーで一泊だいたい1000円から2000円くらい
  • 交通費インターシティのフレキシーパスを使って2万円
  • 食事は一食1000円から2000円
  • 観光のための費用ミルフォードサウンドのクルージングとスチームパンクHQ)が全部でだいたい6000円
  • あとは土産とか雑費

 

9月だったので航空券は安いほうだと思いますが、フライトの5日前とかに予約したのでもしかしたらもう少し安くできるかも?

(大学生は9月とか2月とか、世間が休みじゃない時が狙い目)

 

 

宿はいつも通り全部アゴダを使って予約。

宿泊予約なら Agodaアゴダ®

宿泊予約なら Agodaアゴダ®

  • Agoda.com
  • 旅行
  • 無料

 

クライストチャーチなんかは宿が多いから千円ちょっとで泊まれたけど、テカポ湖はあんまりなくて二千円ちょいって感じ。

 

 

楽に安く移動したいならインターシティのフレキシーパスがベストかと。

けどやっぱりレンタカーで自由に動きたさもあるよね。

 

あと空港と市内を結ぶバスクライストチャーチが600円くらい。

 

 

食事はやっぱり高かったです。

安いところでいうと、ファーグバーガーは700円でも食べれました。

オマルーではあんまり食事場所が見つからなくて入ったところでは2000円くらい。

けど時間がなかったりレストランを探すのが面倒だった時はスーパーで適当にパン買って食べてたのでそこまでかさまなかった。

 

食事で注意すべきなのが、量がハンパないです。

僕もそんな少食な方じゃないと思っているんですが、フィッシュ&チップスでさえ多すぎて気持ち悪くなりかけたレベルで量が多いです。

 

 

いくつか思ったことを

 

9月の気温 

想像以上に寒い!

テカポ湖では氷点下まで気温が下がりました。

 

その時の服装は長袖Tシャツを2枚、薄手のパーカー、マウンテンパーカーを重ね着してました。

これでギリギリ耐えられるくらい。

 

旅行前に気温を調べるときにオークランドの気温を調べてしまっていました。

北島と南島では気温差がそれなりにあるので注意が必要ですね。

 

 

ニュージーランド人はフレンドリー?

どこのレジでもどこの受付でもまずは"How are you?"から始まりました。

レジでは知り合いというわけではないと思いますが談笑する姿がちょくちょく見られたり。

基本的にみんな笑顔で対応してくれるので気持ちが良かったです。

 

 

 キャッシュレスの進み具合がすごい

僕が今回ATMでお金をおろしたのは空港での最初の一回だけ。

現金が必要だったのもバスだけ。

 

驚いたのは、博物館の寄付金を求める箱の隣にカードを読み取る機械が置いてあり、なんとカードを使って寄付できるという仕様。

 

全部カードで済ませることができるというのは非常に旅行しやすかったです。

 

 

f:id:Youmi:20191019142413j:plain

まとめ

一人旅をするようになって初めて先進国に訪れました。

やはりめちゃくちゃ旅行しやすかったです。

治安も安定してるし、交通整備もされてるし、何より英語が伝わります。

 

もちろん途上国のあの雑多な感じも大好きですが。

 

 

国自体は大きくないはずなのにそれを感じさせない壮大な自然を楽しむことができた旅行でした!

 

 

あと広角レンズ楽しかった。

 

youmi.hatenablog.com

 

 

 

ニュージーランド男一人旅! 地震がありテロが起こったクライストチャーチ

戻ってきたクライストチャーチ

 

やることはあんまり決めてないからとりあえず散歩。

 

ニューリージェントストリートがいい感じの雰囲気みたいなので行ってみました。

 

f:id:Youmi:20191018120016j:plain

ちょうど可愛らしいトラムが通ってくれました。

 

 

クライストチャーチ観光では定番っぽいカンタベリー博物館にも行きました。

1枚も写真をとってなくて我ながら驚き、、、。

 

結構広くて全部見るのは1、2時間かかるかな?

かなり面白かった。

無料なのにこのクオリティーで公開してるんだって感じでした。

 

博物館の裏には広い公園が広がっていて、植物園だったりカフェだったりがありました。

 

 

近くにアートギャラリーがあって、こちらも無料だったので入ってみました。

なんかやけに人が多いなと思ったら、この日はクライストチャーチで起こった銃乱射事件からちょうど半年だったよう。

 

聞いたことはあった気がするけど、その事件を認識せずにクライストチャーチへ来た自分が恥ずかしかったです。

 

f:id:Youmi:20191018121038j:plain

それ用の展示がいくつもありました。

 

 f:id:Youmi:20191018123134j:plain

千羽鶴も。

 

f:id:Youmi:20191018120114j:plain

外見では人は語れないはずなのに。

 

 

常設の展示も面白いものが多かったです。

 

 

f:id:Youmi:20191018120236j:plain

銃乱射という悲しい事件があった、その8年前には大きな地震があったクライストチャーチ

 

街の中心にある協会もこの有様です。

半壊状態だったので取り壊しか修復かで議論され、これから修復に向かうということ。

 

f:id:Youmi:20191018120019j:plain

 

ちょっと歩くと185の白い椅子が並んでます。

地震で亡くなった方々を追悼して置かれたもの。

手前には赤ちゃん用のものまで。

 

地震がどれだけの被害をもたらしたかがわかります。

 

 

街にはいまだに自身の傷跡があり、心なしか閑散としている気がします。

 

冒頭のニューリージェントストリートもちょっと前までは地震の影響で立ち入り禁止だったようです。

 

 

 

そんなクライストチャーチでもリトルハイイータリーというフードコートは賑わってました。

 

若者がよく集まるようです。

最近は日本でも見慣れてきたウーバーイーツの配達員が何人もここの料理を受け取りに来ていました。

それだけ人気なのでしょう。

 

フードコートなので何を食べようか迷ったら行ってみても良いかも!

 

 

そんな感じで約一週間のニュージーランド旅行が無事終わりました!

今度は北島へ行きたいです!



 

ニュージーランド男一人旅! 不気味な街オマルー(オアマル?)

ダニーデンから直接クライストチャーチに行っちゃってもよかったんだけど、1日あまりそうだったから途中のオマルーで一泊。

 

Oamaruって書くからオアマルかと思ったらオマルーらしい。

 

いやでも調べるとオアマルって書いてある記事もあるな、、、。

けど現地の人もオマルーって言ってたしな、、、。

 

 

オマルーの印象はというと、不気味。

 

寒くて雨も降ってたっていうこともあるだろうけど、歩いている人がほとんどいないし、さびれてるような感じ。

 

宿も泊まってるのが自分含めて2人しかいなかったし。

 

オマルーの観光を調べると必ずと行っていいほどスチームパンクHQという場所が出てきたので行くことに。

 

ちなみにスチームパンクっていうのはSFの一種で、蒸気機関を主な原動力とした架空の世界って感じ?

 

ちょっと定義がよくわからないけど。

わかりやすいところでいうと、鋼の錬金術師とかハウルの動く城とか、そんな感じらしい。

 

f:id:Youmi:20191005175436j:plain

入り口にこんなのあるからちょっと遠くからでもすぐわかる。

 

f:id:Youmi:20191005175816j:plain

中はとにかく不気味。

 

f:id:Youmi:20191005175822j:plain

観光客も全然いないから静かだし。

 

f:id:Youmi:20191005175658j:plain

カニとか、

 

f:id:Youmi:20191005175815j:plain

ラニアとか。

 

f:id:Youmi:20191005175701j:plain

多分電車(?)

奥に見えるニッコリマークが怖い。

 

外もあるんだけど雨降ってたからあんまり写真撮らなかった。

 

不気味で怖いところだけど、他にはない面白さでした。

 

 

そのあとぶらぶら歩いているとこんなところに。

f:id:Youmi:20191005180525j:plain

すごい雰囲気があるところ。

 

あとあと調べたらヴィクトリア朝の街並みらしい。

 

f:id:Youmi:20191005181336j:plain

良さげなカフェあったから入りたかったけど、張り紙があって臨時休業とのこと。

残念。

 

雰囲気いいけどやっぱり人少ないし、天気悪いし、スチームパンクHQの後だし、ってことで不気味な感じ。

 

 

実はオマルーは野生のペンギンが見れるっていうことで有名。

イエローアイドペンギンっていう絶滅危惧種のやつと、ブルーペンギンっていう一番ちっちゃい種。

 

ペンギンって多くの種が絶滅の恐れがあるらしいですね。

 

この2種がオマルーで見ることができるんだけど寒いし雨っぽいしやめときました。

 

あとでブルーペンギンっていうのをユーチューブで見てみたらめちゃくちゃ可愛かったです。

 

 

車があればモエラキボルダーズっていう丸い石がいっぱいあるところに行きたかったんですけどねー。

 

バス旅ではそんな融通も効かず、クライストチャーチへ向かいます。

ニュージーランド男一人旅! ダニーデンには世界一急な坂があるんだって。

クイーンズタウンからやってきたのはダニーデン

 

ダニーデンは学生の街です。

世界的に有名なオタゴ大学があるからです。

f:id:Youmi:20191004212842j:plain

これが大学って。

綺麗すぎやせんか。

こんな綺麗な芝生の上でゴロゴロしながらだべってたいよね。

 

 

ダニーデンに来たら行かなきゃいけないところといったらここ。

f:id:Youmi:20191004213400j:plain

何ここってなるかもしれないけど。

実は、世界で一番急な坂道!

これに関しては写真じゃ伝えきれないよね。

 

急って言ってもそんないうほどじゃないだろってなめていったら、想像を超える急さでした。

もう壁。

足を運ぶのが精一杯。

 

この写真では子供達が競争してたけど、みんな途中で歩き始めちゃった。

 

f:id:Youmi:20191004213802j:plain

伝わるかなー、どれだけ急か。

 

坂から見下ろす街はなかなかいい景色。

 

他には特にやることもなかったダニーデン

f:id:Youmi:20191004214519j:plain

可愛い時計を発見したので。

 

f:id:Youmi:20191004214852j:plain

公園みたいな、植物園みたいなところで。

よちよち寄ってきました。

 

f:id:Youmi:20191004215013j:plain

ダニーデン駅。

観光用の電車しか走ってないよう。

 

f:id:Youmi:20191004215003j:plain

わからんけどオシャンな建物。

 

大学も駅もそうなんだけど、歩いてるとちょくちょくこういう昔っぽいおしゃれな建物がある。

 

 

あとウォールアートが有名らしい。 

f:id:Youmi:20191004215445j:plain

これとかめっちゃ可愛らしい。

 

f:id:Youmi:20191004215309j:plain

迫力のあるトカゲ?

 

f:id:Youmi:20191004215641j:plain

そのすぐ横にはエドシーランが。

本人もここにきて写真撮っていったらしい。

 

f:id:Youmi:20191004215650j:plain

かっこいい鳥。

 

f:id:Youmi:20191004215808j:plain

個人的に一番好きなやつ。

二人で協力して雲を取ろうとしてる。

これ、青空だったらもっとよかったんだろうな。

 

 

ダニーデンはお散歩が楽しい街でした。

あと、おしゃれなカフェがいっぱいあるらしいよ。

そこで学生が勉強したりランチしたり。

 

もっと日程に余裕あったらカフェでだらだらしたりしたいんだけどねー。


 

ニュージーランド男一人旅! クイーンズタウンから世界遺産、ミルフォードサウンドへ。

景観の美しさから女王が住むのにふさわしい町と言われたクイーンズタウン

 

到着するとインターシティのバスドライバーにゴンドラに乗るのは

「Must Doだ!」

と言われてめっちゃ行きたくなりました(が時間がありませんでした。)

 

f:id:Youmi:20190930215512j:plain

 

ついたのが夜だったんで、楽しみにしていた「ファーグバーガー」を食べに!

 

ファーグバーガーは世界の美味しいハンバーガー店トップ10に選ばれたことがあるらしい。

 

そんなん聞いたら絶対行かなきゃ行けませんよね!

 

マップを見ながら向かってましたが、近くまで行けばすぐにわかります。

ごはん時は確実に列ができてるので。

 

店内も外も人がいっぱいです。

 

僕が頼んだのはファーグバーガー!

店名通りのハンバーガー。

 

結構メニュー多かったんでとりあえず基本っぽいの食べておこうと思って。

あとこれ意外と安くて、700円くらい。

 

ハンバーガー=マクドナルトっていう思考ができてる人が聞いたら高いというかもしれませんが、ニュージーランドの物価でこれはかなり良心的だと思います。

 

出来上がるまで15分ほど。

 

人が多すぎたのでちょっと歩いて適当なベンチでがぶりつきます。

 

 

一口目。

 

おいしすぎて…。

 

人生史上トップレベルの美味しさ。

 

あれだけ行列ができることに納得。

 

 

ついた日はそれぐらいしかせずに宿に戻りました。

 

 

翌日はミルフォードサウンドへ行く予定だったのでそのチケットを予約しなければなりません。

 

往復のバスはインターシティのフレキシーパスがそのまま使えます。

ただ、バスだけではクルーズがついていないので、クルーズも希望の場合は、75ドルの追加料金がかかります。

 

 

それが僕はちょっとよくわかってなくて宿のお姉さんに助けてもらいました。

不愛想で怖かったけど、、、。

 

 

翌日は朝からミルフォードサウンドへ向かいます。

片道5時間くらいかかりますからね。

 

このツアーの運転手、すごいです!

 

何がって、ずーーーーーっと喋ってます。

ガイドしてくれます。

 

しかも面白いんです。

 

相変わらず英語は難しいですが、それでも面白いのです。

 

そして、ミルフォードサウンドへの道中の景色がすごい。

 

f:id:Youmi:20190930221700j:plain

 

ちょくちょく止まって景色を楽しませてくれます。

 

f:id:Youmi:20190930221858j:plain

 

f:id:Youmi:20190930222053j:plain

 

ミラーレイク。

これ上下逆転させても一瞬わからなくないですか?

 

f:id:Youmi:20190930222448j:plain

 

偶然にも絶滅が危ぶまれてる(?)Keaミヤマオウムを見ることができました!

これだけ人に囲まれてるのに動じず、人の車壊してる。

 

 

こんな感じで、道中だけてもうすごいんです。

 

そして約5時間くらいのバス旅後に見ることができるのがこれ。

 

f:id:Youmi:20190930223041j:plain

 

最初この景色が目に入った時のインパクトは半端じゃないです。

水面から結構な高さの山々がそびえ立ってます。

(本当は朝方の波が立ってない時に見たかったです。)

 

クルーズの時間は2時間弱。

滝にめちゃくちゃ近づいて濡らされたり、野生のアザラシが見れたりします。

f:id:Youmi:20190930223618j:plain

めちゃくちゃ風が強いのでフードがある服とサングラスは必須かもしれません。

サングラスないとまともに目開けてらんない。

 

 

旅行の日程的にマウントクックミルフォードサウンドのどちらかしか行けなくてどちらに行くかかなり迷ったんですが、もしかしたらマウントクックの方が面白かったかも、、、?

 

 

クイーンズタウンに帰ったら夜です。

この日もファーグバーガー。

他探すの面倒だし、安いし、何より美味しいし。

 

ブルーチーズを入れると美味しいって聞いて入れてみたんですが、良くわからなかった。(笑)

 

 

 

いつもみたいな長旅ならこういう町でのんびりして、シャレオツなカフェとか行って、もっとアクティビティーしたりしてるところなのですが、時間がなくて何もできず。

 

ゴンドラ乗れなかったのがちょっと心残り。

マストって言われたのに。

 

クイーンズタウンはもっと楽しむのはまた今度にとっておくということで。

 

 

お次はダニーデンへ。